生活習慣病リスクの低下にも!酵素風呂で健康増進

お腹の脂肪を気にする女性

酵素風呂はなぜ生活習慣病リスクの低下につながる?

長年の蓄積によって起こりやすい生活習慣病の要因は、遺伝的要素はごくわずかと言われています。
食事やストレス、過度の喫煙や飲酒などによって、これまで積み重ねてきたことで発症することが明らかにされています。
酵素風呂は、生活習慣病を改善させる効果があると言われていますが、具体的には健康面でどのような効果が見られるのでしょうか?

酵素風呂によって期待できる作用とは?

酵素は活性化すると、70度まで発酵熱が上がると言われています。
酵素風呂は、おがくずや米ぬかなどに含まれている空気層が熱伝導率を中和させ、40度前後の適温に保たれることで体に効果を与えていきます。
40度という温度ラインは、半身浴なども含めて健康効果のある入浴温度と推奨されている適温状態です。
酵素風呂は、温浴の中でも床材の空気層が媒介した保温性に優れているので、体の表面だけでなく深部までじっくり温めることができます。

生体調整作用によって起こる仕組み

酵素風呂は、体を温める温熱効果の他に、酵素が起こす化学反応によって産生される免疫力向上効果もあります。
発熱によりアロマ効果も相乗することで、さらに体の調節作用を整える働きも持っています。
酵素が全身を覆う温浴作用は、体の表面の皮膚から体内へじっくり浸透し、床材から空気中に気化した香り成分が、呼吸と共に取りこまれて効果へと導いていく仕組みです。
このメカニズムによって、血行促進による効果やリンパ液の流れを良好にさせる成分が体内で利用されています。

酵素風呂が一般的な入浴と異なるのは、皮膚呼吸が妨げられないということです。
皮膚呼吸が円滑になると、体の表面に密集する毛細血管への働きが強化され、代謝活性化や老廃物の排出が容易になります。
これによって汗腺そのものがスムーズに機能を果たすようにもなるのです。

汗をたくさんかくようになり、最初のうちは脂質を含んだベトベトした汗が出ますが、回数を重ねるうちにサラサラの汗へと変化していきます。
これは、悪い汗がどんどん体外に出ていくことで、本来の健全な汗の状態へと回復していっている証拠です。

とある研究機関によると、酵素風呂の汗腺回復で体内に溜まった過剰脂質が老廃物として排出されていくため、高血圧や糖尿病などの改善に効果があるという報告がありました。
生活習慣病は、知らず知らずのうちに体内に老廃物として蓄積されていくことから、酵素風呂によるデトック作用によって、汗腺強化することは理にかなった健康面への強化とも言えるでしょう。

酵素風呂にはどのような健康効果が見られるの?

実際に酵素風呂を利用した人の健康効果を見ていきましょう。

・肌がスベスベになり美白効果が見られた
・ひじや踵のガサガサ肌が改善できた
・喘息の症状が和らぎ呼吸が楽になった
・体中がポカポカして冷え性の症状を感じない
・風邪をひきにくくなった
・体臭や口臭が以前より気にならなくなった
・重度の花粉症が薬を飲まなくても耐えられるようになった
・便秘が改善された
・気分がリフレッシュできてストレスを感じにくくなった
・血行が良くなり、肩こりや腰痛が軽減された
・汗をかきにくい体質に変わった
・ニキビなどの吹き出物ができにくくなった
・気分の浮き沈みがなくなり毎日元気に過ごせるようになった

生活習慣病のリスクを軽減させることができる!

生活習慣病の中には、高血圧や心筋梗塞、発癌作用など命にかかわる病気もあります。
これらの生活習慣病の原因の多くは、免疫力の低下によって発症するリスクが高まると言われています。

アメリカの医学現場では、免疫力低下のリスクを軽減させるために代替医療が推奨されるようになり、日本の医師もその真意に確信を抱いているようです。
酵素風呂は、この代替医療にあてはまる医療方法で、正式には全身温熱代替療法と呼ばれています。
実際に癌を発症している患者は、基礎体温が低いことが明らかになっているため、体温を上げる温熱療法は免疫力向上に欠かすことのできない代替療法になっています。

ニュース

2018/01/18
酵素風呂は「代替医療」としても注目!を追加しました。
2018/01/18
生活習慣病のセルフチェックを行おうを追加しました。
2018/01/18
免疫力をアップして様々な病気を予防を追加しました。
2018/01/18
生活習慣病は様々な病気リスクをもたらすを追加しました。